札幌の大学受験指導予備校  北大等の国公立大学・難関大学を目指すなら数学中心主義の塾アポリア数学工房 大学受験数学の他、大学受験英語・理科・国語・社会も指導
アポリア数学工房
HOMEアポリア数学工房についてお問い合わせ
大学受験について
大学受験数学
大学受験英語
大学受験理科
大学受験国語
大学受験社会

高校受験について
家庭教師について

アポリア数学工房 ブログ
アポリア数学工房
〒064-0913
北海道札幌市中央区南13条西7丁目
2-1-301
TEL : 011-511-5539
休塾日 : 月曜日・金曜日

指導項目
国公立大学の受験指導
難関大学の受験指導
大学受験数学・大学受験英語
大学受験理科・大学受験国語
大学受験社会・高校受験指導

指導形態
塾長直属指導
個別授業
中学集団指導
家庭教師派遣指導

通塾可能エリア
○札幌市内
(札幌市中央区・豊平区・東区・西区・南区・北区・白石区・厚別区・清田区・手稲区)
○札幌近郊
(石狩市・北広島市・江別市)





大学受験国語 センター試験国語センター試験国語の対策・勉強法・アポリアでの指導方法

センター試験国語の問題は、漢文を除いて、訳のわからない問題の宝庫です。
現代文、古文共に、労力をかけても報われるとは言えません。

特に現代文の第2問、即ち小説は
全くやる気がしない問題の典型のようなものです。

これを国語の試験だと思ってはいけないと思います。
ここが得意だという受験生は結構多いですが、こう言っては何ですが、それは国語が苦手だということを意味します。
そうなんです。現代文の第2問は勉強していない人の方が取れるのです。
こんなおかしな試験は他にはありません。

第2問に比べれば、第1問、即ち評論は全然ましです。
それでも、変な出題は多いですけれども。
この第1問が全然だめでは、国語で点を拾うことはできないでしょう。

肝心なのは、読むスピードです。
正解を拾えるかよりも、とにかく速く読めるかの方が大事なのです。
そうでなければ、現代文の第1問と第2問だけで殆どの試験時間を使ってしまい、
後半の古典は手付かずとなってしまうからです。 実際、そういう人はかなり多いのです。

したがって、わが塾ではセンター現代文の対策としてとにかく速く読むことの練習に手掛けています。
しかし、これはあくまでも国語はセンター試験しか関係ないという人に限ります。

2次試験に国語がある受験生にとって、センターの現代文は却って害となります
センターの現代文と、2次試験の記述や論述形式の現代文は全く相反する問題です。
両立できると考えるべきではないと思います。
ならば、大事なのは記述や論述形式の問題なのですから、センター現代文は気にしない方がいいのです。

センター国語の第3問、即ち古文は、
一見ちゃんと勉強すれば点が拾えそうな気がします。


しかし、実際に解いてみると、難し過ぎる年が多いのです。
何より文章が長い。 それに、出典がマイナーです。

毎年ではありませんが、東大の古文よりも難しいことが多いのです。
勿論、東大の古文は記述・論述なので単純に比較は出来ませんが、
本文の内容はセンター試験の方が確実に難解です。

こんなレベルの問題を、普通の受験生が解けるようになるのでしょうか。
普通のレベルの文型の受験生には無理です。
理系の受験生はなおさら無理でしょう。
したがって、労力をかけても点数が稼げるという保証は無いのです。

ということは、古文の勉強はセンターに関して言えば、優先順位が低いのです。
センター試験にしか国語は無いという受験生にとっては、古文の勉強は最低限の必要しかないのです。
ただし、2次試験に古典がある受験生は、そんなことはありません。

古文とは対照的に、センター国語の第4問、即ち漢文は
とてもやりがいのある問題です。 少しの労力で満点近くが狙えます。

漢文がだめだと言う受験生は結構多いのですが、何も知らない愚か者です。
漢文をやらずに何をやると言うのでしょうか。

漢文にちゃんと取り組んでいるか否かは、
受験生がセンター試験を本気で受けようとしているのかを見極める重要なポイントです。

ここがだめなら全部だめのようなものです。
心して漢文に取り組んでもらいたいと思います。
勿論、我が塾の塾生は、望むと望まざるに関係なく、漢文の練習はさせられる事になります。
これに挫折する塾生は皆無です。なぜなら、簡単だからです。

漢文を除いて、こんな変な試験なのに、配点は200点もあります。
全く対策を立てない訳にもいかないのです。
センター試験国語の対策としては、まず漢文をやる。
次に、第1問、即ち評論文を速く読めるようにする。
第2問は軽く流す。 第3問、即ち古文は最低限の文法と単語をやる。
そして、全体的にスピードアップに心掛ける、といった感じです。

実際に解く順序も、今述べた順序でいいでしょう。
これを意識してやるか否かで結果はかなり変わります。
ただ漠然と試験を受けているだけでは何も改善されないということに気付いて頂きたいと思います。


大学受験 難関大学文系国語難関大学文系国語の対策・勉強法・アポリアでの指導方法

 我が塾は理数系の科目が中心の塾なのですが、受験に必要な科目はほぼ全てとり行っています。
しかし、難解大学(東大など)の文型国語となると、かなり理系色から離れます。

それにも拘わらず、私はこれを教えることができます。
私自身が東大経済学部出身だからです。
受験当時、私は論述問題重視の東大の2次試験にかなりの自信を持っていました。
そして、実際受けてみた結果合格でした。

私が国語ばかりでなく、社会科や英語にも見られる論述問題に対して、
どういう考え方で取り組んだのかを我が塾で話したことはあまりありません。
なので、ここで少しこの事についてお話ししようと思います。

東大の論述問題を扱う授業は、
予備校にならあるのかもしれませんが、普通の高校には殆どありません。

大体は東大模試で試すことになると思います。
私もこの模試を受けましたが、成績は芳しくありませんでした。
ただ、1度だけ評価された問題がありました。
それは日本史の問題で、私はその時たまたま自分の知っている事件を並べた解答を作りました。
その点数が良かったのです。

普通ならそういう解答を作ればいいんだなと思うんでしょうが、私の感想は全く違いました。
問題に対して、あるキーワードの有無が採点基準であり、
文脈は評価しないという立場が予備校なのだなと思ったのです。

しかし、これが本当に東大の入試問題の出題者であり採点者である教授達の考えなのかなと思いました。
彼らは文章を与えられる立場の人ではなく、自ら執筆する立場の人間です。
そういう人達が、彼らの問いかけに対して機械的な反応しかできない受験生を評価するのでしょうか。

そうなら予備校にとっては都合がいいでしょうが、入試問題の出題者は模試のように予備校関係者ではありません。
自ら考え、自らの考えを主体的に展開する人達です。
そういう立場にいる人が、つまらない当たり前の事しか言ってない解答を好むのでしょうか。
そんなわけは無いはずです。

入試問題を見てみると、殆どすべて「説明せよ。」、という問題です。「抜き出せ。」ではありません。
ならば、模試の採点基準は全く無視して、
自分の読書や体験から得られた自分の捉えかたを堂々と述べればいいんじゃないんでしょうか。


このような事を私は受験の直前期に自問自答していました。
そして、実際これを実行しました。結果はやはり私が思った通りになりました。

記述、論述問題の対策として、
私が実行した事を行うということは、決して楽な道ではありません。

自分で或る程度主体的に考えることができるためには、かなりの読書量が必要です。
言葉じりに囚われず、文脈を把握するためには、
文章の土台となっている暗黙の了解を知っておく必要があるからです。

必要な分野としては、哲学、社会思想、歴史、文学、芸術、科学論などが挙げられます。
勿論、高校生の段階でこれらを本格的に理解するのは無理です。
概論程度で充分です。概論を読むだけでも、高校生には厳しいでしょう。
しかし、何事も練習が必要なのです。
難しい内容の本は、簡単に理解できる訳がないのです。

数学と同様に、解らないときは解る人間に聞くのが最も手っ取り早い方法です。
自力で内容が理解できないからと言って諦めてしまうのは一番良くないことです。
自力には限度があるという事を知る必要があります。

ほんの一言で問題が解決する場合は意外と多いのです。
もし、読書をしててどうしても解らないが諦めたくないという受験生がいるなら、
我が塾へ持って来てくれれば、解決策を講じることができるでしょう。
どんな内容でも大丈夫というわけではありませんが、受験に必要な範囲であればまず対応できます。
本の内容が解るようになれば、実際の論述の過去問にも手が出るようになります。

マニュアルなどに頼らず、自分の意見を述べることは、とても楽しい経験です。
読書をして、能動的な文章を作り、自力で受験を乗り切る受験生になりませんか。


授業形態と授業料
塾長直属コース
入会金 15,000円
塾長直属授業料金 要相談
月間フリー料金 要相談
個別授業コース
入会金 15,000円
個別授業料金 要相談

塾 名 アポリア数学工房【απορια】 
住 所

〒 064-0913  札幌市中央区南13条西7丁目2-1-301

アクセス ◆地下鉄・・・南北線・幌平橋駅徒歩8分
◆市電・・・・・行啓通電停から徒歩約2分
TEL&FAX 011-511-5539 (TEL&FAX同じ番号)